知っていると得をする下見のやり方

パチスロで天井狙いする際には下見をすることによって収支を格段にあげることができます。
今日お話したいことはその下見の段階で損をしないために、覚えてほしい3つのことについてです。

その3つのこととは

  • できるだけたくさんの店舗を回る
  • 下見はできるだけ目立たないようにする
  • データ表示器ではわからないことを調べる
  • です。
    これらを意識するのとしないのとではだいぶ変わってくると思うので以下の詳しい解説を読んで実践してみてください。

    まず1つめについて解説します。
    できるだけたくさんの店舗を回るとそれだけ多くはまりゲーム数の台を見つけることができます。
    そうすることで次の日に実際に稼動し、店舗移動を重ねると打てない時間が格段に減ります。
    例としては宵越し天井(バジ2:500+300はまり)宵越しゾーン(まどマギ:100+100)など結構落ちているので、意識してみましょう。

    2つめの下見はできるだけ目立たないようにすること
    これは周りのお客さんや店員さんに邪魔、目障りと思われないためです。
    閉店間際に何人も自分が打っている台のまわりをうろちょろされると目障りですよね。
    店員さんからしても閉店前にドル箱整理などをする時に作業の邪魔になるとうっとうしいですよね。
    お客さんからクレームがきた、仕事の邪魔などという理由で閉店チェックの意味をなくしたり(リセット傾向の変更)することもあるかもしれません。
    とても稼げていたホールでこういったことがおこると今後あまりにも損なので、目立たないようにしたり周りの邪魔にならないように配慮したりするのが大事です。

    3つめで特に有名なのは北斗の拳転生の章のあべしチェックです。
    他にもマキバオーのメーター、サイボーグ009などデータ表示器だけではわかりませんよね。
    その内部的なゲーム数を把握していると他の人より有利に立ち回ることができます。

    その他にもサイトセブンなどの宵越しチェックツールを使うと下見も最小限に抑えることができます!

    ぜひ上記で説明した3つのこと

    できるだけたくさんの店舗を回る
    下見はできるだけ目立たないようにする
    データ表示器ではわからないことを調べる

    を意識して下見をしてみてください(^_^)


    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


    最後まで見ていただいてありがとうございます(^^)
    ご意見ご要望質問などあればどんどん送ってください!
    お問い合わせ



    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


    ブログランキング参加中です。
    よかったら1日1クリックお願いします\(^o^)/
    にほんブログ村 スロットブログへ





    コメントを残す

    サブコンテンツ

    プロフィール

    _1412437458.56242_303

    田舎の大学に通っていますたか氏です。
    小中高とわりと真面目に生活を送っていましたが、大学生になってパチスロにはまってしまい学校に行かずパチ屋に行く生活が続いていました。
    ずっとパチスロで負けていた私が少しの知識をつけるだけで、一気に勝ち組になることができました。
    パチンコ、パチスロは負けるのが当たり前だと思っている方はほんの少しの時間でいいので僕のブログを見ていってください。

    詳しいプロフィールはこちら

    ご質問、ご相談はこちらから お気軽にご連絡ください!

    ツイッター

    このページの先頭へ